作りやすいクレジットカード

作りやすいクレジットカードとはどのようなカードなのか

作りやすいクレジットカードの見分け方

作りやすいクレジットカードはどれ?

作りやすクレジットカード = 審査に通りやすいレジットカードです。

審査に通りやすく作りやすいレジットカードは、申し込み基準の記述を見ればおおよそ分かります。(※申し込み基準は、入会条件、申し込み条件、入会基準などという場合もあります。)

作りやすいクレジットカードの申し込み基準は、『高校生を除18歳以上で電話連絡が可能な方』というようなシンプル表記になっていて、追加で、『学生・主婦・パート・アルバイトの方もお申し込みいただけます』と記載されている場合もあります。

『高校生を除18歳以上で電話連絡が可能な方』『学生・主婦・パート・アルバイトの方もお申し込みいただけます』とすることで、広く多くの方に申し込んでいただきたい、というカード会社側の方針が示されていると理解できます。

クレジットカードを作るにあたって「審査」に通るか心配だという方は、このような申し込み基準のクレジットカードへ申し込めば良いわけです。

でも、『高校生を除18歳以上で電話連絡が可能な方』という入会基準を表記していても、クレジットカード会社によって、やはり審査のハードルの高低があります。ですので、申し込むクレジットカード会社の選び方を間違わないようにするのがポイントです。

では、どのようなクレジットカード会社が審査のハードルが低く通りやすいかと言うと、流通系やネット系のクレジットカードです。
一般的に、流通系とネット系は審査のバードルが低く、銀行系は審査のハードルが高くなっているのです。


しかしながら、流通系やネット系のクレジットカードが、広く多くの方に申し込んで頂きたいと、審査ハードルを低めにしているとしても、一定の収入が継続的・安定的にある(おおむね6ヶ月以上目安)、ということの条件があることも忘れてはいけません。

カード会社側はカード会員の方がクレジットカードで買い物等をした代金は支払ってもらわないといけません。ですので、返済能力はチェックされます。ただ、作りやすいクレジットカードは、収入について、それほど多くなくても一定の継続的に安定した収入があれば審査が通るような審査基準になっているということです。

ちなみに、
※学生の方は、親など親権者の収入等がチェックされます。
※専業主婦の方は、配偶者の収入等がチェックされます。
※年金受給者の方は継続的収入があるとみなされます。
※自営業の方は黒字の状態が数年継続されていればほぼ大丈夫です。

クレジットカード申し込み時に注意したいこと

収入はそれほど多くなくてもOK?

収入は少なくて大丈夫?

そもそも、パートやアルバイトをしている多くの方はそれほど収入が多くありません。

そういうことを前提として、パートやアルバイトの方もお申し込みできますとなっているのですから、その点はあまり気になさらないでも大丈夫です。ただ、月に数万円の収入の場合は審査が通らないかもしれません。

また、審査に通ってクレジットカードが発行されても、利用可能枠が、最初は、10万円とか20万円とか、低めに設定されるかもしれません。

しかし、発行されたクレジットカードで利用実績を積み重ねていくことで、利用可能枠が上がっていきます。

利用実績が積みあがった時点でクレジットカード会社へ利用可能枠の増枠申し込みもできます。(必ずしも増枠申請が通るとも限りませんが)

とにかく、最初は、利用可能枠が低かったとしても、地道に利用実績を積み上げていくといいです。

過去にカードやローンの滞納があると×

滞納や延滞の履歴がある人はダメ

過去にクレジットカードの支払いや、各種ローン、月賦で購入した代金の滞納の履歴がある方は、クレジットカードに申し込んでも審査に通らない可能性が高くなります。現在、高めの収入がある場合でも、審査に落ちる場合もあります。

クレジットカードやローン等の利用履歴は『個人信用情報機関』に蓄積されていて、過去に滞納や延滞があった場合は、クレジットカードの新規の申込みに通りづらいのです。

少なくとも直近の過去3年間の情報は残っています。滞納・延滞などが3年以上前だと情報はクリーンになっている可能性があります。

最近、過去にクレジットカードやローンの滞納も延滞もないのにクレジットカードの審査に通らなかったという方で、携帯電話やスマホの料金の払い忘れがあったから、という例が増えています。

携帯電話やスマートフォンの利用料金の一部は、端末の支払いに充てられている場合が多く、端末を月賦で購入しているという取り扱いになっているのです。月々の携帯利用料金支払いの延滞・滞納があると、端末の月賦の支払いを延滞・滞納したということになり、『個人信用情報』にキズがついてしまうのです。

短い期間の間に何社にも申し込まない

例えば、半年の間に3社、4社のクレジットカードに申し込むと、審査に落ちるということがあります。私の知っている例で、東証一部上場会社の社員の方で、半年の間にクレジットカード3社に申し込んだところ、2社目までは審査に通ったけれど、3社目は落ちたという例がありました。

3社目に申し込んだクレジットカード会社は、いわゆる作りやすいと言われるクレジットカードで、1社目、2社目はある程度のステータスのあるカードでした。

短期間の間に何枚ものクレジットカードに申し込むと、何かあらぬ疑いをカード会社側では持つわけです。例えば、お金に困っていて、何枚ものクレジットカードでまとめてキャッシングをするのではないかとか。

もちろん、キャッシング枠があるわけですから、キャッシングをして構わないのですが、複数枚のカードで限度額いっぱいのキャッシングを同時にされて、回収不能という事態になればカード会社にとって損失になるので、そういう事態は可能な限り避けたいわけです。

そういうこともあり、短期間に何枚ものクレジットカードに申し込むと、3社目あたりから審査に通らないという事態が生じることもあるのです。

クレジットカードの申込み履歴も『個人信用情報』に蓄積されていますので、どのカードにいつ申し込んだかも全てのカード会社はチェックすることができるようになっています。

したがいまして、収入があまり多くなく、クレジットカードの審査に通るか心配だという方は、はじめに申し込むクレジットカードは、作りやすいクレジットカードにするべきです。

審査のハードルが比較的高いクレジットカード会社に申し込んで審査に落ちる、ということを繰り返すと、短期間に何枚ものクレジットカードに申し込んでいるという情報が蓄積されます。そういう情報が蓄積されてから、作りやすいクレジットカードに申し込んでも、その情報によって審査に落とされるという事態が生じてしまうからです。

クレジットカード利用目的は「生計費決済」を選ぶ

クレジットカードの利用目的選択の画像例
クレジットカードの申し込み画面で、『カードの利用目的』を選択する項目が出てきます。
ここでは、「生計費の決済」を選択するようにします。会社を経営している方や、自営業・個人事業主の方は、事業費の決済をする場合もあるかもしれませんが、申し込み時は「生計費の決済」を選択をすると審査がスムーズに進みます。

「生計費の決済」を選択したからと言って、クレジットカードが発行されてから、絶対に事業費の決済に利用してはいけない、というわけではありません。
例えば、会社員の時に利用目的が「生計費の決済」でクレジットカードを作ったけれど、後に、個人事業主となり「事業費の決済」にも使うようになった、という人も数多く存在します。

クレジットカード会社によっては、カード利用目的の選択肢に「キャッシング」があったり、複数選択可となっている場合もありますが、「生計費の決済」のみを選択するようにするのがオススメです。
クレジットカード会社によっては、「生計費の決済」ではなく、「生活費支払い」などの表記の場合もあります。

キャッシング枠を設けない

クレジットカードを申し込むにあたって、申し込み時の記載内容の一つに、キャッシング枠を付けるかどうかというチェック項目があります。キャッシング枠にチェックしない方が印象が良いと言われています。
キャッシング枠を付けたいのでしたら、カード発行された後に、改めてキャッシング枠を付けるといいです。

どうしてもキャッシング枠を申し込み時につけたいのでしたら、10万円とか20万円とか、低めの金額を申請するといいです。

特に、収入が低めの方が、その収入に見合わない額のキャッシング枠を希望するのは良くありません。

とにかく、クレジットカードの審査に通ることを第一目的に考えるでしたら、キャッシング枠は希望しないか、希望したても低めの額にするといいです。

ローン残高もチェックされます

クレジットカードを申し込むにあたって、記載内容の一つに、現在のローン残高の記入を求められます。ローン残高が多いと、そのローン残高と現在の収入を照らし合わせ、審査が通らないということもあります。
かといって、ローン残高に事実と違う額を記載しても、『個人信用情報』でチェックされると分かってしまいますので、事実と異なる記載をしてもばれてしまいます。

記載事項の誤字・脱字などは絶対しない

申し込み時の誤字脱字には要注意

クレジットカードを申し込むにあたって、住所などの個人情報を記載しますが、誤字・脱字などがあると、印象を悪くし、審査に通らないという場合もあるようです。

それ以前に、クレジットカードの申し込みがあると、クレジットカード会社側では、まずは、自動審査をします。『個人信用情報機関』のデータに照会するわけです。
ですので、その時点で、誤字・脱字があると、データが存在しないということになり、機械的に自動審査しますのではじかれてしまい、審査に落ちるという事態も生じかねないという側面もありますから、誤字・脱字には要注意です。

電話番号の記入が間違っていれば電話連絡がつかないので×です。カード会社側がわざわざ正しい電話番号を調べて電話をしてくれるなんてありません。

住所や氏名、生年月日などが間違っていれば、『個人信用情報機関』に照会しても情報がチェックできないので×です。

オススメの作りやすいクレジットカードはコレ!

作りやすいクレジットカードとして、今、一番オススメなのが、この「Yahoo! JAPANカード」です。

「楽天カード」のライバル的クレジットカードとして、後発で発行されましたので、積極的にカードを発行しています。

また、「Yahoo! JAPANカード」は、最短2分のスピート審査となっていて、審査の速さがセールスポイントの一つとなっています。審査時間2分ということは、ほぼ機械的な審査ということです。

過去3年において、クレジットカードやローンの滞納などをしたことがなければ、ほぼ審査に通ります。

自宅へのお届けも約一週間〜10日と早い、という点もユーザーに評価されています。

「Yahoo! JAPANカード」の申込み基準(審査基準)は、高校生を除く18歳以上であれば、学生・主婦・パート・アルバイト・自営業・年金受給者の方もお申し込みいただけます。

Apple Pay(アップルペイ)への登録もできます。
【新規入会特典】
1. 新規入会頂いた方へ、Tポイントを3000ポイント(3000円相当)を進呈
2. さらに、届いたカードで、申込月を含む2ヶ月目の末日までにお買物のご利用1回で、Tポイントを5000ポイント(5000円相当)を進呈

※ただし、進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。有効期限が、入会特典3,000ポイント・利用特典5,000ポイントともに、申込月含む5ケ月目の15日までとなっています。また、Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。
【Yahoo! JAPANカード】の公式ページ ≫

iPhone Apple Pay(アップルペイ)へ登録できる作りやすいクレジットカード

アップルペイのイメージ画像

iPhoneやアップルウォッチで、買い物の際にお支払に利用できる「Apple Pay(アップルペイ)」を使いたくて、クレジットカードをお探しの方もいらっしゃると思います。

「Apple Pay(アップルペイ)」へ登録できるクレジットカードは、開始当初の2017秋から比べると、かなり増えてきました。

その中で、審査ハードルがあまり高くなく、作りやすいクレジットカードは、
この4枚です。

「Apple Pay(アップルペイ)」へ登録するクレジットカードによって、「iD」加盟店、または、「QUICPay(クイックペイ)」加盟店で、お買い物の際にお支払に使えます。

また、上記のクレジットカードは、iPhoneやアップルウォッチで「モバイルSuica」も利用できます。

クレカの審査がどうしても通らないならデビットカードも考えてみる

楽天デビットカードJCBの画像

審査が通りやすく作りやすいクレジットカードを選んで申し込んでみたけれど、どうしても審査に落ちてしまう、という方は、もう一つの選択肢として「デビットカード」があります。

デビットカードは、銀行のキャッシュカードにクレジットカードと似た機能を搭載していて、ショッピングなどをしは場合は即時に銀行口座から代金が引き落とされる仕組みになっています。

「JCB」または「VISA」のブランドロゴが付いていて、「JCB」または「VISA」のクレジットカードが使えるお店なら、国内はもちろん海外でも、クレジットカードと同じように使えます。ネットショッピングにも使えます。

クレジットカードと違うのは、クレジットカードは利用代金は後日1ヶ月分をまとめて請求されますが、デビットカードは利用代金が即時(すぐに)銀行口座から引き落とされるという点です。

デビットカードは即時で銀行口座から引き落とされるので、審査が必要なく、16歳以上の方なら作れます。16歳以上ということは、高校生でも作れるのです。

クレジットカードは18歳以上でなければ作れません。ですので、高校生がクレジットカードを作りたいなら、代わりにデビットカードを作るといいのです。

デビットカードについて詳しく解説 ≫

海外旅行用のクレカなら海外旅行プリペイドカードも考えてみる

マネパカードの画像

クレジットカードを作るきっかけとして、海外旅行へ行くから、という理由を上げる方が多いです。特に、学生さんなんかは多いです。

海外、特に、アメリカやヨーロッパは、キャッシュレス社会ですから、クレジットカードが必須と言ってもいいくらいです。大きな買い物だけでなく、レストランやスーパーでも当たり前のように、クレジットカードまたはデビットカードで支払う社会です。

ですので、学生さんに限らず、海外旅行へ行くからクレジットカードを作らなきゃ、という動機は正しいです。

そこで、クレジットカードを作りたいけれど、審査に通るかどうか自信がないという方は、当サイトでご紹介している作りやすいクレジットカードに申し込むと同時に、海外旅行に使えるプリペイドカードにも申し込んでおくといいかもしれません。もし、クレジットカードの審査に落ちても、プリペイドカードなら審査がなく発行されますので。

中でも、「マネパカード」というプリペイドカードは、15歳以上なら申し込み可能で、最短5分で申し込みが完了します。年会費も無料です。

米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6通貨をチャージできます。外貨の買物では1回約80万円、1日100万円までできます。

クレジットカードの審査に通ったとしても、利用限度枠が10万円とか20万円なら、使える金額が少なくて心配です。
でも、マネパカードなら、チャージさえしておけば、1日100万円まで使えるので安心でもあります。

また、学生さんは、クレジットカードの審査の際に、親権者の同意が必要とされる場合が多く、親に知られないでクレジットカードを作りたいという方は、プリペイドカードなら親権者の同意が必要ないのでオススメです。

マネパカードという海外旅行に使えるプリペイドカードは、この他にも、いろいろとお得な点が多いカードですので検討してみるといいです。

ちなみに、日本国内でもクレジツトカードが使えるお店で使えます。

マネパカードについて詳しく解説 ≫